Home

コラーゲンは美容だけでなく健康にも良い

コラーゲンコラーゲンは美容面だけではなく健康を維持するためにも良い働きをしています。

コラーゲンは皮膚や筋肉、歯、骨などあらゆる体内の器官や組織を構成する成分です。人間に含まれているコラーゲンのうち4割は皮膚にあり、2割は軟骨に存在しているといわれています。

コラーゲンの代謝は20歳をすぎたあたりから衰え始めます。人間は20歳以降代謝能力が低下していくため、コラーゲンもその影響を受けやすいからです。コラーゲンの代謝能力の低下はそのまま肌の張りの衰えや乾燥につながっていきます。

また、丈夫な骨を保つためにもコラーゲンは大事な働きをしています。骨の内部には網の目状になったコラーゲンが詰まっていて、建物の内部を支える構造のような働きをしています。

また、コラーゲンは骨の重要な成分であるカルシウムやリンを骨にとどめておく働きもしています。しかし加齢によってコラーゲンが古くなってきますとこれらの成分を骨に定着させる働きが弱くなってしまいます。

さらにコラーゲンは関節の軟骨を作っている成分でもあり、コラーゲンがなくなりますと軟骨の柔軟性が失われてしまい骨と骨が直接ぶつかるようになって関節痛の原因になります。

このようにコラーゲンは体内で重要な働きをしていますので、毎日コラーゲンドリンクを飲みますと健康維持に役立ちます。

コラーゲンの種類とその働きの違い

コラーゲンの種類私たちの体内に存在するコラーゲンには30種類以上のものがありますが、その中でもシミを薄くしたり、乾燥を抑えたり、ほうれい線を消すなどの美容効果や健康促進に関連するものとして知られているのが1型と2型です。

1型は体内のあらゆるところに存在するコラーゲンです。皮膚や血管、筋肉、骨などあらゆる器官と組織の働きをスムースにするためこのコラーゲンは働いています。1型コラーゲンは人間の体を構成しているたんぱく質の約3分の1を占めています。

2型のコラーゲンは主に軟骨を作るために使われており、これを構成するアミノ酸は水分を豊富に含んでいます。このコラーゲンは加齢とともに減少していくことがわかっており、軟骨のすり減りや関節に水がたまる、関節が痛くなるなどの症状が起きる原因となります。

サプリメントに含まれているコラーゲンには活性2型と表示されているものもあります。これは分解や処理などの余計な工程を経ずに抽出しているコラーゲンであることを示しています。

このため活性2型は自然に最も近い状態のコラーゲンであるといえます。活性2型が含まれているサプリメントを飲みますと2型コラーゲンをスムーズに体内に取り込むことができるようになります。

このため関節痛などがある人には特に最適なものであるといわれています。

コラーゲンが多く含まれる食材

コラーゲンが含まれる食べ物コラーゲンが多く含まれる食材と言えば、豚足が有名です。ただし、女性の場合、男性の前で豚足にむしゃぶりつくという行為に抵抗を感じてしまうことがあるため、なかなか積極的に食べることができないという人も居ます。

それなら、牛すね肉や牛すじ肉の方がいいかもしれません。牛テールにもコラーゲンが多く含まれて居ます。煮込むことでゼラチン化するため、とても食べやすくなってお勧めです。

女性はカロリーも気にすることがあるため、比較的カロリーが低いと言われている鶏もいいかもしれません。鶏の場合、鶏ももの皮や軟骨、手羽先などにコラーゲンが多く含まれてています。鶏なら外食先でも頼みやすいものです。

他には魚の缶詰や魚のうろこ、魚の皮などにもコラーゲンが多く含まれています。種類としては、クラゲやフグ、アンコウなどです。どれも高級食材となっているので、誰でも手軽に食べられるというわけではありませんが、缶詰なら比較的、手に入りやすくなっています。

基本的に、コラーゲンは皮や骨、すじ、腱といった部位に含まれています。動物のこれらの部位を積極的に摂るようにすることで、自然とコラーゲンを摂取することができるはずです。加熱して食べやすくすることで、積極的に摂り入れることができるようになります。